和紙と和紙工芸品を販売する専門店です。 和紙は日本の文化を文字と絵の形にして継承して来ました。


RME/Fireface UFX+【在庫あり】RMEの新たなフラッグシップ・インターフェイス!

【製品概要】

Fireface UFX+は、94チャンネルの入出力を自由自在にコントロールできる柔軟性と、他の周辺機器との接続性、独自開発のドライバによる安定性と合わせて、DURec(Direct USB Recoridng)まで備えた、RMEの技術の粋を結集した新しいフラッグシップ・インターフェイスです。

Firefaceシリーズとして初めてMADIを搭載(Fireface UFXよりも30chも多い入出力を実現)したのに加え、よりパワフルなDSP、USB 3.0とThunderboltによる接続、新たなリモートコントローラー(ARC USB)にも対応、等々の、これからのFirefaceシリーズのリファレンスとなる機能を実装しています。

【製品特徴・仕様 】

鉄壁の互換性と圧倒的な接続性。USB3そしてThunderboltの本当の実力を引き出すオーディオ・インターフェイス
オーディオ接続としてアナログ、ADAT、MADI、AES、SPDIFといった標準的なプロトコルすべてに対応する接続性と拡張性は他の追随を許しません。
そして、Fireface UFX+が実現する、12(アナログ)+ 16(ADAT)+ 2(AES)+ 64(MADI)= 94ch の入出力を安定して伝送するために、Firefaceシリーズとして初めてUSB3とThunderboltを採用。実は、規格に厳格に設計・製造されたオーディオ・インターフェイスでは、USB3やThunderboltはレイテンシーや音質には何ら影響を与えません。
オーディオ・インターフェイスがUSB3/Thunderboltを採用する唯一のメリットは、多チャンネルを扱えるその広い帯域にあります。
Fireface UFX+はThunderboltおよびUSB3を採用することによる真のメリットを正しく活用するオーディオ・インターフェイスです。
定評のある独自開発のドライバにより、MacでもWindowsでもホットプラグを含む極めて安定したThunderbolt(PCI Express)オーディオ・パフォーマンスを提供します。

AD/DAコンバーターを一新すると共に、アナログ回路も全面的に最適化することにより、S/N比とTHDが向上し、限りなく透明なオーディオを提供します。
新しいPADフリーのマイクプリアンプは、+18dBuの最大入力と75dBのゲインレンジを誇り、あらゆる現場のシビアなレコーディングにもトラブルフリーで対応します。

ヘッドフォン出力も刷新され、ロー・インピーダンスかつハイパワーなヘッドフォン出力は+19dBuの最大出力レベルを実現。
インピーダンスを問わずあらゆるヘッドフォンに十分なパワーを提供します。

Fireface meets MADI
Fireface UFX+は、MADIを搭載することによりRMEだけでなくサードパーティ製のAD/DAコンバーターも含めた大規模なデジタル・アナログ変換システムのホストとして機能します。
複数のMADIデバイスによりもたらされる各チャンネルは任意にそして自由にルーティングおよびミックスすることが可能です。
Fireface UFX+はUSB2でPCに接続した場合、MADI以外の30ch(アナログ×12、ADAT×16、AES×2)のオーディオ・インターフェイスとして機能しますが、MADIの64ch入出力はTotalMix FXにより本体内部でルーティングが可能で、DAW等を介さない形で利用することができます。
Word Clockのポート(BNC)はMADIコアキシャルのポートとしても切り換えて使用することができ、さらに、MADIオプティカルとコアキシャルを32chずつ使用する『スプリット』モードも用意されています。

さらなる進化を遂げたDURec(Direct USB Recording)
Fireface UFX+の前面パネルに用意されたDURecは、第二世代として進化。USBの互換性が強化され、低速なUSBメモリ・スティックや、複数のパーティションに区切られたドライブでも使用可能になりました。

最大録音可能チャンネル数は76に拡張され、Fireface UFX+の12チャンネルのアナログ入力と64チャンネルのMADI入力のすべてをインターリーブWAVファイルとして録音することが可能です。
内部のリアルタイム・クロック(RTC)によりファイルにタイムスタンプが付与されるとともに、プレイバックにおいても新機能が追加されました。

PCが無くてもマルチ・チャンネル・レコーディングが可能なDURecは、機材をなるべく少なくしたいライブ・レコーディングなどの現場において、その威力を発揮します。

ARC USB Remote Control
ARC USBは、USBでPCに接続して直接TotalMix FXと通信してコントロールします。15個のアサイン可能な発光ボタンとエンコーダー、そしてフットスイッチを接続可能なTSジャックを装備しています。

USB 1.1でMIDIリモート信号を送受信するため、WindowsでもMac OS Xでもクラスコンプライアントのデバイスとしてドライバをインストールする必要なくご使用いただけます。OSに認識されるとTotalMix FXは瞬時にARC USBを検出し、MIDIリモート信号を使ってFireface UFX+をコントロールします。

TotalMix FX ─ レイテンシフリー、CPUフレンドリーなソフトウェア・ミキサー
2001年の登場から、その唯一無二な機能性によりRMEのオーディオ・インターフェイスを特徴づけてきたTotalMix FXは、出力の数だけ完全に独立したサブミックスを任意に作成することができる、非常にパワフルなミキサー機能を提供します。
さらにDSP搭載機種では、エフェクト機能も利用することができ、レイテンシーの問題がつきまとうソフトウェア・プラグインによるエフェクト処理を過去のものとしました。
これらルーティングやDSPによるエフェクト処理はすべてFireface本体の中で行われ、コンピュータのCPUには全く負荷を与えません。

このように、TotalMix FXは複数のレイテンシーフリーのモニター・ミックスを、EQ、ダイナミクス、リバーブ、ディレイなどの処理も含めて提供することができます。
例えばメイン・モニターと演奏者用のヘッドフォン・モニターを完全に別のミックスや、ボリューム、エフェクトセッティングで送ることが可能です。


接続端子
94入力 / 94出力チャンネル
アナログ入力 x 12
(うち4chにMic/Instプリアンプ搭載)
アナログ出力 x 12
AES/EBU I/O x 1
ADAT I/O x 2
(1系統はSPDIF I/Oとして使用可)
MADIオプティカルI/O x 1
Word Clock I/O x 1
(MADIコアキシャルI/Oとして使用可)
MIDI I/O x 1
USB2 / USB3 / Thunderbolt接続
TotalMix FX
オプション:ARC USB

 

RMEの新たなフラッグシップ・インターフェイス!

ホーム お問い合わせ
お問い合わせ
STEP 1
入力
STEP 2
内容確認
STEP 3
送信完了

RME/Fireface UFX+【在庫あり】:宮地楽器 ミュージックオンライン - 1d19e

2019-11-02
カテゴリトップ>オーディオインターフェイス>USB