和紙と和紙工芸品を販売する専門店です。 和紙は日本の文化を文字と絵の形にして継承して来ました。


AXIS ( アクシス ) X-L2 Twin Pedal [安心の国内正規代理店商品!]

ホーム お問い合わせ
お問い合わせ
STEP 1
入力
STEP 2
内容確認
STEP 3
送信完了

AXIS ( アクシス ) X-L2 Twin Pedal [安心の国内正規代理店商品!]:ワタナベ楽器 SHOP - 7c2d4

2020-03-10
カテゴリトップ>ドラム>ペダル>◆ AXIS
ダイレクトシャフト&ロングボード採用の大定番AXISペダル、ツインモデル。
ロングボードでダイレクトシャフトが採用されている大定番ペダルAXIS。
本モデルはダイレクトシャフトとビーター部が直結したシンプルな X Seriesです。

A Series と X Series の違いとは?
A Series にはヴァリアブル・ドライブ・セッテングが装備され、フットワークを自在に変更調整出来る仕様となっています。
これはダイレクトシャフトとビーター部の連結位置を調整する事でビーター軌道を設定することができるというコンセプトをもつ装備ですが、単純にビーターを強くセッティングしても、ペダルボードまで高く上がってしまう事なくセッティングを施す事が出来るという利点もあります。オリジナルAXISのファンのなかにはシンプルなX Seriesを優先して好む方もいらっしゃいますが、現代的にセッティングの自由度を求めたい方はA Seriesの方が良いかもしれません。
なぜ今ロングボードに人気が集中しているのでしようか?
ロングボード(ヒールレス)仕様はすでに10年以上前から発売されておりますが、なぜヒールレスが主流なのでしようか?
ポイントは従来のヒール付きのフットプレートより約3センチ程手前がジャストなスイートポイントとなり素早いプレイがより楽にできるからです。またフットプレート本体の角度も影響し、ロングボードの方は深い踏み込みが可能となりこれがパワーとなります。
多くの購入者の意見を拝聴いたしますが、殆どのドラマーが言われるポイントが、軽くプレイしているのに、想像以上のパワーでバスドラムが鳴ってくれる。バンドのメンバーが絶賛してくれる。ペダルをチェンジしただけで音抜けが変わるし、楽にプレイができるように成った。このようなご意見をたくさんいただきます。

なぜチェーンストラップよりダイレクトシャフトの方に流行がきているのか?
多くのドラマーの方はチェーンペダルをプレイされております。ある機会にアクシスのペダルを踏むチャンスがあった方の大半はチェーンとの違いを体感されます。はっきり申し上げますと全然違う物として感じるわけです。同じドラムペダルでも重さ、いや軽さが違うのです。ビーターの返る速さが瞬時に感じ取れます。
幾ら制度の高いチェーンペダルでも、ダブルチェーン仕様でもこのダイレクトシャフトには勝てません。
なぜなら、チェーンの最大の利点は上下運動には力の伝達は優れますが、左右のゆれやアソビは決定的に回避できません。
反対にスピードや軽いフットワークはいらないと言われるドラマーの方には不向きなのかも知れません。アクシスが世界最高のペダルと言うことでは無く、アクシスペダルの特徴は軽いフットワーク、素早いレスポンス、バスドラムのヴォリュームが上がると言うことです。
□ AXIS とは?
オーナー自身が凄腕ドラマーであり、アイディアマン。
つねにドラマーの立場で開発されるアクシスペダルです。

20年以上前のデヴュー当時とほぼ同じ仕様でマイナーチェンジも殆どされていない。それ程まで優れた品質とプレイヤービリティーは初期の頃から脈々と今に続いています。

たとえばヒールレスのフットボード仕様(ロングボード)もこのアクシスが世界初であり、多くのメーカーが今ではヒールレス仕様をコピーしています。
ロングボードデザインはスピードプレイには必要不可欠な考え方が当たり前になりました。
また、しばらく前の流行のチェーンもいまではアクシスが一貫してこだわっているダイレクトシャフトによるカムアクションを誇示しています。
やはりチェーンでは多くのロスと無駄なアソビがどうしても解消できない。
この部分でも多くのメーカーがこれに追従しています。
また全ての材質をアルミ削りだしという事で高い精度と軽さを実現してます。このアルミ削り出しもすでに数社がコピーしております。
さすがアクシスと思える数々仕様はデヴュー当時から今日まで一貫しているのがご理解頂けると思います。
世界中のドラマーが絶賛している理由がこのペダルのポテンシャルです。


※上記製品仕様は2012年05月時点のものです。
随時更新するよう努めてはおりますが、最新状況は常に変動するため合わせてメーカーでもご確認下さい。


 ダイレクトシャフト&ロングボード採用の大定番AXISペダル、ツインモデル。

ホームへ | | | お問い合わせ(eメール)

530-0047 大阪市北区西天満3丁目5番2号クリエ西天満601号
有限会社サイトカイン 電話番号: 06-6362-3738
Copyright (c) 2013-2019 by Cytokine. All Rights Reserved.
このホームページの内容の一部または全部を無断で複製、転載することを禁じます。
このホームページ内には外部より著作権の許諾を得た著作物があります。