和紙と和紙工芸品を販売する専門店です。 和紙は日本の文化を文字と絵の形にして継承して来ました。


Buzz Rickson's (ステンシルあり)MA-1ファーストモデル BLACK MA-1 1st(REGULAR)BR14166 WILLIAM GIBSON COLLECTION バズリクソンズウィリアムギブソンコレクション※お客様にお得情報※
↓ご注文前にぜひお読みください↓

エコに協力してお得にお買物
エコ梱包 (^o^)♪



送料&代引き手数料無料!
バズリクソンBuzzRickson(東洋エンタープライズ)
アメリカのSF作家、ウィリアム・ギブソンの小説パターン・レコグニションには高価なBuzzの黒いMA-1を宝物として大切に着ているケイスと言う名の主人公が登場している。
そこから生まれたWILLIAM GIBSON COLLECTIONは
BuzzRicksonのミリタリーウェアをブラックのカラーラインへアレンジされたものです。

こちらはフロント内側のウィンドストラップが角ばったMA-1のファーストモデル
数あるフライトジャケットの中で最もポピュラーで、かつ最も息の長い存在がMA-1である。
MA-1の開発は1950年代初めに開始されたがベースとなったのはそれまでの正式フライトジャケットの座にあったB-15シリーズである。
B-15は1943年に搭乗したコットン製のB-10を改良発展させてもので、めまぐるしい技術革新や軍用機の発展に呼応しつつ変貌を遂げてきたのである。
そうして誕生したMA-1はフライトジャケットの襟を取るという最も大きな改良を加えられたモデルで、その背景にはジェット機が開発されそれまでの航空装備の見直しを迫られたからであった。
1957年に採用以来、1976年にCWU45/Pが登場するまでアメリカ空軍将兵によって愛され続けた。
その間には細かい改良が加えられ、より完成度の高いものとして発展を続けてきたのは言うまでもない。
そのスタイルはファッションの世界にも大きな影響を与えており、もはやミリタリーの範疇を大きく超えた存在となっている。

素材
表地…ナイロン100%
表地…ナイロン100%
中わた…ウール58%コットン42%
リブ…ウール100%
皮革部分…馬革
実寸
(当社計測、若干の誤差はご容赦願います)
36サイズ…身幅約57cm着丈約65cm袖丈約62cm
38サイズ…身幅約60cm着丈約67cm袖丈約64cm
40サイズ…身幅約63cm着丈約69cm袖丈約65.5cm
42サイズ…身幅約65cm着丈約69.5cm袖丈約67cm

メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています




〜Buzz Rickson's (ステンシルあり)MA-1ファーストモデル BLACK MA-1 1st(REGULAR)BR14166 WILLIAM GIBSON COLLECTION バズリクソンズウィリアムギブソンコレクション〜












往年の味わい深いフライトジャケットを限りなく忠実に再現してきたBUZZ RICKSON'Sが、なぜ歴史上存在しない「BLACK MA-1」を作ったのでしょうか?それには勿論理由があり、2003年11月に、欧米でBUZZ RICKSON'Sの代理店である「イーストマン社」から受けた、ある問合せのFAXが始まりでした。「BUZZ RICKSON'Sには黒のMA-1が存在するのか?」。そのような解りきった質問に、逆に疑問を感じ詳しく問いただしみると、海外ではBUZZの黒いMA-1への問合せが殺到しており、その理由として、ある小説家の最新作にBUZZの黒いMA-1が何度も登場するからだということが判明したのです。その小説家とはキアヌ・リーブス主演のSF映画「JM」no原作と脚本を書いたアメリカのベストセラーSF作家、ウィリアム・ギブソン氏で、彼の最新作『パターン・レコグニション』には、高価なBUZZの黒のMA-1を宝物として大切に着ている、ケイスという名の主人公が登場していたのです。また作者であるギブソン氏本人も、実際にBUZZの製品を愛用しており、その魅力を理解した上で物語にBUZZを登場させていることも解ったのです。
『パターン・レコグニション』に歴史上には存在しない「BLACK MA-1」が、なぜ登場することになったのか、ギブソン氏を訪ね聞いてみると、「私はヴィンテージの服やフライトジャケット、ミリタリーウォッチを集めるのが趣味なのですが、ある日、同じ趣味を持つ友人が、東京でBUZZ RICKSON'SのU.S.ネイビー・デッキジャケットを見つけた時の興奮を語ってくれました。そこで私はインターネットで検索し、BUZZ RICKSON'SがMA-1を復刻していることを知りました。その後、海外のファッション誌で"究極のMA-1"として紹介されているのも見かけました。私はこの小説のヒロインには、シンプルでクラシックなものを着せたいと思っており、BUZZ RICKSON'S MA-1にしたのです。アメリカ製MA-1というのも考えましたが、ヒロインの宝物というイメージにしたかったので、よりこだわりがあって高価なMA-1にした訳です」とギブソン氏は熱く語ってくれました。
作者であるギブソン氏本人は、ヴィンテージの服やフライトジャケットを収集していることから、フライトジャケットを熟知しており、そのギブソン氏が推薦するフライトジャケットを『パターン・レコグニション』に習って黒い色にその姿を変えて展開します。
モノトーンで作り上げられたフライトジャケットの魅力の一つとして、異素材によるコンビネーションの美しさが挙げられるでしょう。フライトジャケットの傑作、MA-1に例えると、光沢のあるヘビーナイロン素材をベースに、マットなウールリブニット、ファスナーテープ、ファスナー引き手に付いた革の質感、フロントにはファスナーが持つ金属特有の冷たい光が走っています。これらのジャケットの素材感がより明確となり、それを表現したかったのがこのウィリアム・ギブソンコレクションを発表する由縁となったのです。
フッテージのモノクロの世界が繰り広げられる『パターン・レコグニション』の本文に、私たちの誇りである"BUZZ RICKSON'S"の文字が事実刻まれている限り、他の誰もが真似の出来ない今世紀最強の《THE ORIGIN FLIGHT JACKET》と考えております。


Buzz Rickson's
(バズリクソンズ)

数々の傑作衣料の中でも、さらにその最高レベルに位置するのが"FLIGHT JACKET"であることに異論はないでしょう
飛行士の命を守るため、国の威信をかけ、莫大な開発費用と計り知れない数々の実験、そして膨大な労働力をもって究極のユニフォームは開発されました
時代の最先端素材と縫製技術、細部に至る知恵と工夫。飛行士達を夢中にした見栄えの良さ
このような"FLYING CLOTHING"の先進性と合理性は、現在においても民間衣料に多大な影響を与えています
時は1993年、"FLIGHT JACKET"の歴史と誇りを追求する最強のブランドが誕生しました
"BUZZ RICKSON'S"
その復刻作業は、スペック、素材、フォルム、パーツに至るまで徹底的にこだわり、一着一着にクラフトマンシップを込め、本物だけが持つ魅力に肉迫します
映画「戦う翼」の劇中でスティーブ・マックィーンが演じる役名に由来する“BUZZ RICKSON'S”は1993年、大空に向けて飛び立ちました。

2018~19秋冬モデル入荷!安心のBuzzRickson's正規販売店限定ブラック

ホーム お問い合わせ
お問い合わせ
STEP 1
入力
STEP 2
内容確認
STEP 3
送信完了

Buzz Rickson's (ステンシルあり)MA-1ファーストモデル BLACK MA-1 1st(REGULAR)BR14166 WILLIAM GIBSON COLLECTION バズリクソンズウィリアムギブソンコレクション:cansasキャンサス - f8c6e

2019-11-07
カテゴリトップ>cansas>BuzzRickson